お月見コーデ

日本の秋の風物詩。お月見。
2020年の十五夜は10月1日です。

当社オリジナルブランドのヴェトロフェリーチェより、器そのものがお月さまにも見える“コスモ”を使ってのお月見コーデです♪

ボウルを逆さまにした上に20㎝プレートをのせ、お団子をのせる三宝に見立ててみました。

十五夜では15個、十三夜では13個を、本来ピラミッドのように積んでお供えします。

【コスモ】 

色違いもございます。和食にも洋食にもマッチするガラスの器です。
是非店頭で手に取ってお確かめください!

【お月見】

古来から月を愛でる風習は日本にもありましたが、十五夜のお月見が広まったのは「平安時代」
貞観年間(859~877年)に中国から日本へ伝わり、貴族の間に広がっていきました。
当時の貴族たちは、月を眺めながらお酒を飲んだり、船の上で詩歌や管弦を楽しんでいました。

庶民の間にまで十五夜の風習が広まったのは、江戸時代に入ってから。
しかし、平安時代の貴族とは異なり、収穫祭や初穂祭の意味合いが強く、無事に稲を収穫できた喜びを分かち合い、感謝する日だったそうです。

秋の七草の一つでもあるススキには、悪霊や災いなどから収穫物を守り、翌年の豊作を願う意味が込められています。
そして、鋭い切り口を持つススキは魔除けになるともされており、庭や水田に立てたり軒先に吊るす風習が今もあります。

ススキを飾るおすすめの花器もご用意しております!

※ ご覧の時期によって価格等ご案内の情報が異なる場合がございます。最新の情報は各店舗にてご確認ください。

ABOUTこの記事をかいた人

ル・ノーブル 長岡京店

LINE@ 始めました!!
新入荷情報や、お得なクーポンなどがゲットできるかも?
こちら↓をクリックして友達登録してくださいね♪

※ご登録にはモバイル端末に LINE アプリのインストールが必要です。

メルマガ会員募集中!
登録はこちら
セールのご案内や、新商品情報はもちろん、メルマガ限定のサプライズも!?
ル・ノーブル直営店の HOT な情報を詰め込んでお届けします!

〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-1-15
(駐車場完備)
(阪急長岡天神駅(西口)より、アゼリア通りを西へ徒歩4分)

TEL : 075-952-2377
FAX : 075-952-2389
MAIL : nagaoka@le-noble.com
営業時間 : 10:00 ~ 18:00

長岡京店の 2017 年 4 月 24 日以前のブログはこちら
旧ブログへ

Google Map で開く