マイセンの逸品コレクション

★駅から地下街直結★

約30坪の広々とした店内は、キャリーケースやベビーカーを押したままでもOK
洋食器のことならご相談ください!

ル・ノーブル梅田フコク店です!


 

本日は、ドイツの名陶【マイセン】をご紹介いたします♪

マイセンはヨーロッパで初めて磁器製造に成功したブランドです。
17世紀まで東洋の磁器の美しい肌は、ヨーロッパの王侯貴族の憧れでした。
ポーランド王のアウグスト1世より、東洋の磁器に匹敵するような白磁作りを厳命された錬金術師のベッドガーは、
1709年に待望の磁器製造に成功。1710年にはエルベ川のほとりのマイセン市に王立磁器製造工場が完成、
ここにマイセンの歴史がはじまったのです。
現在のマイセンは、過去の遺産である原型や資料を保管・伝承し、技術を守りつつ、
歴史ある古典磁器を完全に再現しています。
また、今を感じさせる新しいシリーズの創作にも取り組み、高い評価を得ています。

マイセンと言えば、ブルーオニオンや双剣のマーク、波の戯れなどの白物が有名です。
もちろん私も大好きですが、繊細な花柄やレリーフは圧倒されてしまいますね。

アラビアンナイトは、自由なインスピレーションから生まれたそれぞれのピースによる柄の競演。
絵柄だけでなく、舞台の幕のようなカーテンも、ひとつひとつ異なり、見飽きることがありません。
コーヒーカップやケーキプレートには12点のモチーフがあります。

また、マイセンといえばリミテッドエディション。
一度はお目にかかりたい逸品が沢山あります。

【カップ&ソーサー グリーン&ゴールド】
マイセンは、日本の有田焼の柿右衛門に多大な影響を受けそして今も手描きの伝統が守られています。
このカップ&ソーサーは、マイセン2015年のリミテッドエディションのひとつ。

そして、2012年世界限定コレクション。世界限定100点。【マイセンの川の風景】

この風景は実在するのでしょうか?
それとも、単に夏と秋の間の黄昏時にエルベ谷をおおう物悲しい雰囲気を表現したものなのでしょうか?
ヨハネス・ルードルフ・ヘンツェル(1869-1951)氏は、
マイセンの周りにある小さな街の絵画のような景色を、琴線に触れるように描きました。
彼の兄弟には、有名なヘンツェルの子供シリーズを作ったジュリアス・コンラート・ヘンツェル氏がいます。
静かに流れるエルベ川に沿った田園地方は、まさに彼らの仕事場であったに違いありません。
マイセンのペインターは、自然が持つ力強さを知っています。色で風景を表すことで、
特別な瞬間を捕え、釉薬の上に感覚的にそれを融和させることができます。

【パグと貴婦人】
マイセンの2004年のリミテッドエディションシリーズで「シンボルシリーズ」の1つです。
犬種パグを「忠誠・情愛」のシンボルとして6パターンのカップ&ソーサーが作られました。
その背景としては、1738年に教皇クレメンス12世は、フリーメイソンに属したすべてのカトリック教徒を追放しました。
この行為に対し、ケルンの司教であったクレメンス・アウグストは1740年ころに「パグの結社」を創設しました。
パグという犬種が、忠実と情愛を示す犬であったことからその名がつけられたといわれています。
この結社は1782年まで存続しました。
また、なんともいえない愛嬌を持つパグの顔は、貴族たちのお気に入りのペットでもあり、マスコット的な存在でした。

2004年世界限定コレクション。世界限定75客の逸品です。


おかげさまで創業41年目です。
現在、創業記念大感謝祭を開催中です!

会員様限定でさらにお買得なアイテムやプレゼントなど★
もちろんその場で新規入会もしていただけます(年会費無料・有効期限なし)



各線梅田駅から徒歩5分!阪急百貨店東側
ル・ノーブル梅田フコク店
E-MAIL:umedafukoku@le-noble.com
TEL:06-6940-4890
FAX:06-6940-4893
営業時間11:00~20:00

SNSも随時更新中です♪ぜひご覧ください♪

♪フェイスブック

♪ツイッター

♪インスタグラム

ブログが新しくなりました!過去の記事もぜひご覧ください→過去のブログを読む

※掲載の情報は、本日2017年9月5日現在のものになります。

※ ご覧の時期によって価格等ご案内の情報が異なる場合がございます。最新の情報は各店舗にてご確認ください。

ABOUTこの記事をかいた人

ル・ノーブル 梅田フコク店

LINE@ 始めました!
新着の情報や秘密のセールなどのご案内をいたします♪




ぜひ検索してみて下さいね!

〒530-0018
大阪府大阪市北区小松原町2-4
大阪富国生命ビルB2
(阪急百貨店東側、
ホワイティ地下街直結)

TEL : 06-6940-4890
FAX : 06-6940-4893
MAIL : umedafukoku@le-noble.com
営業時間 : 11:00 ~ 20:00

梅田フコク店の 2017 年 4 月 24 日以前のブログはこちら
旧ブログへ

Google Map で開く