象嵌細工のティーカート。希少品です。

【象嵌細工】とは

イタリアの象嵌細工の歴史は、6-7世紀に遡る。
“Tarsia” と呼ばれていた象嵌細工は、ナポリにも近い海岸線の美しい港街ソレントのべネディクト修道院で修道僧が作っていたのが始まり。

くるみ、オリーヴ、レモン、オレンジ、チェリー、西洋梨、桑の木など様々な色の木片を用い、最大でも4ミリの厚みの彫刻されたピースを連ねて絵画が作られていました。
その後前世紀になって、職人たちが、宝石箱、絵画、テーブル、トレイ、ワゴンなどに細工を施すようになり、新しいタイプの象嵌細工が広まり、イタリアを代表する伝統工芸として今に至っています。
やさしくエレガントなモチーフ、自然でイタリアらしい色合わせとそのなめらかな表面から、一見複雑な細工がなされているとは気付かないくらいですが、その製造工程は気の遠くなるような時間と手間がかけられています。

しかし近年の傾向でこういった商品の製造がなくなっています。
ル・ノーブルでも以前はお盆やティーカート、チェストなどさまざまな商品が愉しめましたが、次回の入荷予定は全くありません。

希少品となりました、ティーカートやオルゴールをご紹介。

ソレントにある工房のひとつ「ギグリオ」のティーカート

 

 

「ERCOLANO エルコラーノ」のオルゴール

贈答用としても人気です。

 

こちらも希少な掘り出し品↓

↑ 「ギグリオ」の象嵌壁掛けです。
ピエロがとっても可愛らしく描かれており、配色が木片ならではのやさしい色です。立てておいても👍

 

是非店頭でご覧くださいませ!

 

※ ご覧の時期によって価格等ご案内の情報が異なる場合がございます。最新の情報は各店舗にてご確認ください。

ABOUTこの記事をかいた人

ル・ノーブル 長岡京店

LINE@ 始めました!!
新入荷情報や、お得なクーポンなどがゲットできるかも?
こちら↓をクリックして友達登録してくださいね♪

※ご登録にはモバイル端末に LINE アプリのインストールが必要です。

メルマガ会員募集中!
登録はこちら
セールのご案内や、新商品情報はもちろん、メルマガ限定のサプライズも!?
ル・ノーブル直営店の HOT な情報を詰め込んでお届けします!

〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-1-15
(駐車場完備)
(阪急長岡天神駅(西口)より、アゼリア通りを西へ徒歩4分)

TEL : 075-952-2377
FAX : 075-952-2389
MAIL : nagaoka@le-noble.com
営業時間 : 10:00 ~ 18:00

長岡京店の 2017 年 4 月 24 日以前のブログはこちら
旧ブログへ

Google Map で開く