幻の器「京薩摩」

神戸で唯一の洋食器専門店 ル・ノーブル神戸三宮店です!

本日は、素晴らしい作品のご紹介です。

 

~蘇った京薩摩~

薩摩焼の始まり・・・桃山時代に朝鮮半島より連行された陶工たちによって薩摩や大隈(鹿児島県)の窯で始められた。
薩摩焼はまだ工業製品を持たなかった当時の日本にとって、他の陶磁器や七宝、金工と並ぶ日本の輸出商品の花形へと育っていきました。その後京都・大阪・名古屋・東京・横浜などでも薩摩風の絵付けの焼きものが流行し、その多くが輸出されることで海外における「SATSUMA」は日本陶磁の一ブランドとして定着することになりました。

京薩摩とは・・・京都の粟田焼として名高い三条粟田口の窯元で明治初期から大正期にかけて大量に薩摩焼が生産され、京薩摩と呼ばれていた。本薩摩と比べて、より繊細で雅やかなところが京都ならではの美的センスが活かされた美しい構図で、たちまち欧米人達を虜にしました。しかし、その後日本は急速に工業化を推し進めた結果、京薩摩はわずか数十年で急速に衰退していったのでした。
そして、その一度は廃れた京薩摩を現代に蘇らせたのが~空女~小野多美枝氏です。
小野さんが作られる京薩摩の作品は、一見して人が手描きして施された絵だとは思えないような非常に緻密に描き込まれた絵で、作品として最高峰レベルといっても過言ではありません。また、小野多美枝氏が弊社が日本代理店を勤めるウィーン磁器工房「アウガルテン」の美しい白磁に惚れられたことをきっかけに生まれたコラボレーションシリーズも。

現代によみがえった華麗な色彩と精緻を極めた描線の美を是非見にいらしてください。

 

 

————————————————————————————————

【SNS各種も随時更新中!!】
新着の情報や秘密のセールなどのご案内をいたします♪

★Instagram始めました!
lenoble_kobe

★LINE@始めました!
友だち追加数
★Twitter
@noble_kobe
★facebook
ル・ノーブル神戸三宮店
————————————————
ルノーブル神戸三宮店(営業時間:10~19時)
—————————————-
〒651-0087 神戸市中央区御幸通8-1-6
神戸国際会館3階(神戸そごうLOFTより直結)
TEL:078-230-4100
FAX:078-230-4119
—————————————-

※ ご覧の時期によって価格等ご案内の情報が異なる場合がございます。最新の情報は各店舗にてご確認ください。

ABOUTこの記事をかいた人

ル・ノーブル 神戸三宮店

LINE@ 始めました!
新着の情報や秘密のセールなどのご案内をいたします♪



〒651-0087
兵庫県神戸市中央区御幸通8丁目1-6
神戸国際会館3階
(そごう新館(ロフト3F)より直結)
TEL : 078-230-4100
FAX : 078-230-4119
MAIL : kobe@le-noble.com
営業時間 : 10:00~19:00

神戸三宮店の 2017 年 4 月 24 日以前のブログはこちら
旧ブログへ

Google Map で開く