オーナーズコレクション 【色被切子 菊籠目文 鉢】

こんにちは!長岡京店です。
今回は、当店しかない切子の逸品をご紹介します。

江戸切子

皆さんは江戸時代後期、町民文化の中で発祥した「江戸切子」をご存じでしょうか。
現在の東京都中央区日本橋辺りがその発祥の地と言われています。

根本硝子工芸

根本硝子工芸は、東京都伝統工芸士で、2003年には東京都優秀技能者(東京マイスター)知事賞、
2009年には春の黄綬褒章も受賞された、伝統工芸士の根本幸雄氏が開いた工房です。

江戸切子の世界に13歳で飛び込み、以来切子師として50年以上に渡り硝子に
魂を刻み続ける根本幸雄氏。
熟練の根本氏程になれば、切子の繊細さはもはや驚嘆の域。
さらに経験と勘を必要とする「ぼかし」といわれる、被せた色に陰影をつけて彫る技法を
得意とされます。
「被せ(きせ)」が厚い薩摩切子に用いられる技法ですが、0.1mm以下という江戸切子の
あまりにも薄いガラスに施すのは大変難しい技法です。

そして根本氏の最大の魅力は、洗練されたデザインにあります。奇をてらうものではなく、
美的センスは天性のものであり、そしてそれを存分に表現する極められた技が必要とされます。

 

伝統的な江戸切子の技法を使いながらも、たゆまぬ研究を重ね創作を続けた切子職人の同氏は、
これまでに数々の個展を開き、多数の賞を受賞、
江戸切子の代表作家の一人として高く評価されている名匠ですが、
残念ながら2014年に他界されました。

造形やデザインにも天性の才能を発揮された幸雄氏ですが、
最後の仕上げである「手磨き」にも並々ならぬこだわりをお持ちでした。
それは、普通の職人が2回磨くところを5回磨くといった効率とか採算とは相反する仕事。

今なら根本幸雄氏の貴重な遺作を、当店の奥にある
「マルチファンクションルーム」にてご覧頂けます。
是非根本硝子工房の繊細な切子の作品を一度ご覧ください!

※ ご覧の時期によって価格等ご案内の情報が異なる場合がございます。最新の情報は各店舗にてご確認ください。

ABOUTこの記事をかいた人

ル・ノーブル 長岡京店

LINE@ 始めました!!
新入荷情報や、お得なクーポンなどがゲットできるかも?
こちら↓をクリックして友達登録してくださいね♪

※ご登録にはモバイル端末に LINE アプリのインストールが必要です。

メルマガ会員募集中!
登録はこちら
セールのご案内や、新商品情報はもちろん、メルマガ限定のサプライズも!?
ル・ノーブル直営店の HOT な情報を詰め込んでお届けします!

〒617-0823
京都府長岡京市長岡2-1-15
(駐車場完備)
(阪急長岡天神駅(西口)より、アゼリア通りを西へ徒歩4分)

TEL : 075-952-2377
FAX : 075-952-2389
MAIL : nagaoka@le-noble.com
営業時間 : 11:00 ~ 19:00

長岡京店の 2017 年 4 月 24 日以前のブログはこちら
旧ブログへ

Google Map で開く