ほっこり温かい煮物の季節になりました♪おすすめ≪小鉢≫のご紹介

皆さま、こんにちは。
ル・ノーブル ネット店です。
日毎に寒気加わる時節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

明日は立冬です。

明日11月7日(火)は「立冬(りっとう)」。
立冬とは二十四節気の一つで、冬の始まりの日とされています。

寒くなってくると肉じゃがや里芋の煮ころがし、ひじき煮物など、じっくりコトコトと煮込んだ温かい食べ物が恋しくなりますね。
今日はそんな煮物にぴったりな小鉢をご紹介いたします。

意外にも和食との相性抜群

イッタラ(iittala) カステヘルミ

フィンランドを代表するアーティスト「オイバ・トイッカ」のデザイナーデビュー50周年を記念して2010年に復刻されたイッタラを代表するシリーズ「カステヘルミ」のスタンドボウル

カステヘルミはフィンランド語で「露の雫」という意味を持ち、デザインされてから45年以上経った今もキラキラとした魅力と輝きを放ち続けます。

こちらはボウル 230ml。「昭和レトロ」のような懐かしい雰囲気も持ち合わせた素敵なボウルです。

※ 写真はイメージとなり現在取扱い中の商品とはカラーが異なる場合がございます。

優しい表情が、温かみ溢れる料理にぴったり

ヴェトロ・フェリーチェ(Vetro Felice) アラバスター ボウル 13cm(全4色)

イタリア語で「幸せなガラス」を意味するガラスブランド「VetroFelice(ヴェトロ・フェリーチェ)」。

こちらは日本では「墨流し」と呼ばれる技法「アラバスター」を用いて、模様が描かれたボウル 13cmです。

フロストをかける事によって生まれた優しく柔らかい雰囲気が、和の雰囲気にもぴったり。

1点1点色の出方が異なりそれぞれの表情を楽しめるのも魅力の一つです。

流行に左右されることなく使い続けられる白の器

リチャードジノリ(Richard Ginori) ベッキオホワイト

イタリアの名窯・リチャードジノリの永遠の定番と呼ばれる「ベッキオホワイト」。
規則正しいバスケットの編み込み模様と、中心に向かって大胆に入ったレリーフのラインが特徴です。

こちらのスクエアディッシュ 12cmは、オードブルやサラダ、一品料理などを盛り付けたり取り分け皿に使ったり、重宝すること間違いありません。

イタリアの名窯・リチャードジノリの永遠の定番と呼ばれる「ベッキオホワイト」。
規則正しいバスケットの編み込み模様と、中心に向かって大胆に入ったレリーフのラインが特徴です。

こちらはボウル 16cm
フルーツソーサーとは違い、少し足のついたデザインです。
テーブル上にメリハリを演出するのにも役立ちます。


いかがでしたでしょうか。
冬は根菜も美味しくなる季節。
おでんや大根の煮物などあったか料理で心も体も温まりましょう。

ル・ノーブルではあったか料理に最適な小さめボウルを多数取り扱っております。
皆さんもお気に入りの小鉢を探してみてくださいね。
使いやすい小鉢は、毎日の献立にも大活躍すること間違いありません♪

※ ご覧の時期によって価格等ご案内の情報が異なる場合がございます。最新の情報は各店舗にてご確認ください。